不用品回収車の不思議

最近あちこちで見かける不用品回収車ですが少し不思議に思いませんか。

回収する時にお金を払う事はあまりないのです。


しかし、回収に回っているという事は人件費は出ているはずです。
車の燃料代もですね。

一体どこから出ているのでしょうか、そしてなぜ不用品回収は運営できているのでしょうか。

これは、回収したものの中には、少しだけ手を加えれば直る物も数多くあります。

それらは修理をして中古品として売り出します。


この仕組みは簡単ですね。


もう一つ、中の部品ごとに転売をし利益を出すのです。

とくに電化製品には希少な金属が微量でも入っていたりします。一時期話題になった携帯電話から金が取れるという事もありました。

1台だけでは、お金にならない量でも多く集めればかなりの金額のものになる事もあります。



部品ごとの転売はパソコンが一番分かりやすいです。

OKWave情報を集めたサイトです。

パソコンには、メモリーやハードディスクなどいろいろな部品が入っています。

あなたに合った条件で新宿区の不用品回収情報はこのサイトにおまかせ下さい。

実はこれらは1台のパソコンとして売るよりもパーツごとに売った方が高くなることがあります。


これはこれでちょっと不思議な現象なのですが、そういう特徴があります。バイクなどもそうですね。

このようにして不用品回収の方は利益を得ているわけです。

ですが、個人でやろうと思うとかなりの量が必要になりとても大変です。
これからの時期、引越しシーズンもあり中にはお金を少し貰える、買取として行ってくれる事もありますので、回収車が来た時は聞いてみるのも手です。

買取ではなくても、捨てる物をリサイクルしてくれるのなら、それはそれでいいのではないでしょうか。